変わり方

Posted by 荷出 仁志 - 11月 14th, 2013

セフレを作りたい人が増えたという事はいい事ですが、セフレを作りたい人が増えすぎた結果セフレ募集掲示板では登録数が多すぎてなかなかセフレを作れないという現状になっています。
これではせっかくセフレを作りたい人が増えたのにセフレ募集掲示板が有効的に使われていませんよね。
もっと出会い率を高めるようなセフレ募集掲示板が今後は求められるのではないでしょうか?以前出会い系サイトはかなりの確率で出会えていました。
それはまだ利用者の数が少なかったからです。
つまり利用者が少ないからこそ妥協していた部分があったのかもしれませんが、その結果確実に出会えていたのならその方がいいと思いませんか?今は条件検索を使って自分の好みの相手を探す事が出来ますが、探せるだけでその相手と出会えないのなら出会い系サイトの意味はないからです。
セフレを確実に作れるのならサイトにお金を払ってもいいという男性は好くなくないでしょうし、有料サイトなら人数制限を行い、確実に出会える質の高いサイトを作っていけるのではないでしょうか?誰でも受け入れるのではなく、例えば紹介制で信用出来るメンバーを集めてその中で確実にセフレとして出会える関係なんてセフレの安全性も考慮されますしいいですよね。

うまく付き合う

Posted by 荷出 仁志 - 11月 13th, 2013

セフレ募集掲示板を利用した事がある人ならすぐに気づくはずです。
セフレを作るのは結構大変だという事に。
そしてセフレと割り切った関係だからと1度限りの関係で終わらせてしまうと苦労して作ったセフレと1回のセックスだけでは正直割りに合わないと感じるのではないでしょうか?セックスを少なくとも週に1回はしたいと思っていても毎回相手を変えるのであれば、週1ペースで次の相手を探し続けるというのは絶対に無理は話です。
それこそ3ヶ月に1回とかのペースでしかセックスが出来ないかもしれません。
定期的にセックスをしたいと思うのなら1人のセフレと長く付き合う方が賢明です。
女性の方はもともとセフレに恋愛型を求める女性が多いので1人のセフレと長く付き合いたいという気持ちを持っているのです。
なのに長く続かない理由はまずはセックスそのものに問題がある場合ですが、相手がちゃんと気持ちよくなれているのか相手に奉仕するセックスをもっと重要視した方がいいかもしれませんね。
そして女性は身体だけ求められるのはセフレであってもちょっと不満なのです。
あるアンケートでは女性はセックスそのものの快楽よりもセックスの前後に相手といちゃいちゃする時間の方が好きだと答えている人が多いのです。
それにセフレだからデートをしないよりもセフレなのにデートをするからこそあなたのポイントは上がるわけです。
1人のセフレと長く付き合えるように努力する方が新たなセフレを作る努力よりもよっほど簡単ですよ。

初めての日

Posted by 荷出 仁志 - 11月 12th, 2013

知っている人よりも知らない人とセックスをする方が安心という気持ちが現代人らしいと思います。
例えば人からよく見られたい、自分をよく見せたいという欲求ってありますよね。
「恋人いるの?」と聞かれて普通にいないと答えればいいのに「今はいない」と答えた経験はありませんか?これだってずっといない、モテない奴だと思われたくないという気持ちの表れではないでしょうか?例えば自分の友達とセックスをした事がある女性を自分もセックスしたら自分と友達とどっちのセックスが上手かったんだろう?と比較されてそうで気になったりしませんか?つまり知っている人とセックスをすると、自分がセックスで失敗した話や失敗はしてなくても赤裸々な下半身事情を話されると嫌だという気持ちがあるわけです。
それなら知らない人とセックスをするのならそうゆう世間体的なものは全て必要ないと思えるわけです。
もっと極端な話恋人とのセックスで失敗をしたらなかなか立ち直れませんよね。
しかしセフレとの失敗はそれで関係を終わらせる事で引きずらずになかった事に出来るのです。
もちろん、なかった事にして同じ失敗を何度もしてはダメです。
失敗からちゃんと学ぶ事は大切ですが、嫌な記憶は忘れて平穏に暮らしたいですよね。
そんな自分をよく見せたいという気持ちが見知らぬ人とのセックスに結びついているのかもしれません。

大切な気持ちで付き合おう

Posted by 荷出 仁志 - 11月 11th, 2013

セフレがいてもセフレがいる事を公言しないため、どれぐらいの人がセフレを作って楽しんでいるのか検討もつきませんが、真面目そうだから・・・という理由だけでセフレがいないと決め付けることは出来ませんよね。
むしろ真面目で日常生活でストレスを溜め込んでしまったり、人付き合いが上手くない人こそセフレを作る傾向がありますし、またセックスの時は別の顔を持っている人なんていくらでもいるからです。
女性は特にそうだと思いますが、相手がセフレで恋愛感情がなくても優しく接して欲しいと思いますし、セックスの時は雰囲気も大切にして欲しい、ダッチワイフのように扱われるのではなくて恋人同士のようにセックスをしたい、セフレと擬似恋愛を楽しみたいと思っているはずです。
そのためセフレであっても相手選びに妥協はせずに自分の好みの外見だけでなく自分に好みの内面の人を選ぶのです。
男性の方はもっと即物的でセックスさえ出来れば・・・・という気持ちがあるのですが、それでも女性を気持ちよくさせるのはセフレとの関係を良好にするためにかかせない事ですから、女性を気持ちよくさせるためには女性が望む事をする。
そうすると雰囲気を重視した恋人同士のようなセックスをする事になるわけです。
まぁ、男性もそれが嫌というわけでもありませんし、いい雰囲気が作れるようになればそのテクニックを恋人が出来た時に生かせるわけですから決して悪い話ではないですよね。

メールのやり取り

Posted by 荷出 仁志 - 11月 9th, 2013

ネットと携帯の普及によっていろんな出会いが増えましたよね。
そんな増えた出会いの1つがセフレなのですが、セフレ募集掲示板が普通に女性誌の広告で紹介されるぐらいですから、女性にとってもセフレが特別なものではなくなったのでしょう。
現に男同士のお酒の席での話でなら下ネタの話の中でセフレの話になっても何も不思議はありませんが、最近では普通に男友達、女友達との間でもセフレの話をする事だってあるようですよ。
まぁ、女心・男心は考えたって分かりませんから同性の相手にその気持ちを聞いて相談にのってもらおうというわけです。
Aさんは男友達からセフレについて相談をされたようです。
男友達はセフレとして付き合い始めた女性の事を本気で好きになってしまったものの、相手に告白すれば相手が困るんじゃないか?セフレ関係すら解消されてもう会えなくなったら困るしと思うとずるずるとセフレ関係を続けてしまっているけどどうしたらいいのか?という相談内容だったようです。
これは相手の気持ちによりますよね。
相手も同じように恋愛感情を持っているのなら告白されて嬉しいと思うでしょうし、恋愛感情が全くないセフレから告白される事ほど面倒な事はありません。
その場合は面倒を避けるためセフレ関係は終わりにするでしょう。
しかし告白しないと前には進まないだろうという事で、好意を示しながら相手の反応を見て告白してみればとアドバイスしたようです。
異性の友達にセフレがいる事を平気で言えてしまう時代になったという事ですよね。

« Previous Entries